お得なマイレージ生活のすすめ♪ANAマイレージ情報。普通に生活しているだけで、年に1度はタダで北海道や沖縄に旅行しています。



■□ご不要なANA・JAL株主優待券を高価買取致します!□■





■□楽天GORAでANAマイルが貯まります❗□■





かわいいブログランキングに参加しています にほんブログ村
よろしくおねがいします>>クリック

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ

ANAカード 家族会員について

私は、ANA VISAカード(一般カード)を使っています。
夫は、ANAワイドゴールド マスターカードを使っています。

家族会員になれば、二人のマイルをまとめられます。
夫婦で別々のカードを使用するのではなく、本当は家族会員になったほうが良いです。

夫が使用しているワイドゴールドカードは、年会費が15,750円
家族会員の年会費はさらに4,200円かかります。

高っ!!と思って、家族会員になっていませんでした。
しかし、よ〜く考えると、4,200円は高いわけではありませんでした。

私のカードの年会費は2,100円。
VISAカードのポイントをANAマイルへ移行するには、さらに年2,100円必要です。

ワイドゴールドカード家族会員は年会費4,200円必要ですが、ANAマイルへ移行する際に費用は必要ありません。
ANAワイドゴールドカードは、ポイント移行料無料

結局、かかる費用は同じでした。

一番お得なのは、一般カード(年会費2,100円)+家族会員(年会費1,050円)だと思います。

夫がゴールドカードをやめて、一般カードにしてくれると良いのですが・・・。
長年使っているカードを換えるのは、なかなか抵抗があるようです。
そういう私も、自由気ままに自分だけのカードで買い物ができたほうが何かとラクなので、そのままにしています 猫


■ ANAワイドゴールドカード(VISA、マスター、JCB)
本会員 年会費 15,750円   家族会員 年会費 4,200円

■ ANAワイドカード(VISA、マスター、JCB)
本会員 年会費 8,662円   家族会員 年会費 1,575円

■ ANA一般カード(VISA、マスター、JCB)
本会員 年会費 2,100円   家族会員 年会費 1,050円

ANAワイドゴールドカード、ANAワイドカード、ANAダイナースカードの特典

・カード入会時に2,000マイルGET!(一般ANAカードは1,000マイル)

・毎年継続時に2,000マイルGET!(一般ANAカードは1,000マイル)

・搭乗時にボーナスマイル 基本マイレージプラス25%のマイルGET!(一般ANAカードはプラス10%)

・クレジットカードのポイントからマイルへの移行手数料が無料

・CLUB ANAチェックインカウンターを利用できます

・ANAグループ空港内免税店で割引を受けられます

・全日空ホテルズで朝食無料(国内・海外)、ウエルカムドリンク(国内)のサービスが受けられます

ANAマイレージグラブカード(クレジット機能なし)

クレジット機能のないカードも一応紹介いたしますが、おすすめはクレジットカード機能・Edy機能がついたカードですexclamation
クレジットカード、電子マネーEdyの利用でマイルが貯まるからです。
ANAカード(クレジット機能あり)はこちらをご参照ください。


■ ANAマイレージクラブカード 
マイルを貯める最もベーシックなカードです。
(ANAマイレージクラブカード=AMCカード)
年会費無料
発行手数料無料
Edy機能なし
クレジット機能なし

ANAマイレージクラブカード申込み


■ ANA マイレージクラブEdyカード
マイレージクラブカードに電子マネーEdy機能がついています。

年会費無料
発行手数料500円
Edy機能あり
クレジット機能なし

ANA マイレージクラブEdyカード申込み



■ ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード
マイレージクラブカードにスルガ銀行のキャッシュカード機能と電子マネーEdy機能がついています。

年会費無料
発行手数料無料
Edy機能あり
クレジット機能なし
スルガ銀行キャッシュカード機能あり

ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード申込み
電話にてスルガ銀行ANA支店 0120-029-589 へ
受付時間 9:30〜17:00(土日祝 年末年始除く)

ANAカード(クレジット機能あり)

ANAのマイルを貯めるには、マイルが貯まるカードを取得する必要があります。
カードの種類は色々ありますが、クレジット機能つき・電子マネーEdy機能つきのANAカードが断然おすすめです exclamation

クレジットカードを利用して、毎日の暮らしの中でコツコツとANAマイルを貯めましょう。

飛行機に乗る機会の少ない方は、年会費が安い一般カードで充分だと思います。

■ ANA一般カード 年会費2,100円(家族会員1,050円)

ANA ビザカード・マスターカード申込み

ANA JCBカード申込み


ANAカード取得(VISA/マスター/JCBいずれでも可)=ANAマイレージクラブ入会


飛行機に乗る機会の多い方は、搭乗のたびに25%のボーナスマイルが加算されるゴールドカードがおすすめです。
続きを読む

本気でマイルを貯める&ステータスのあるカード

ANAのマイルを貯めるには、マイルが貯まるカードを取得する必要があります。
ANAのマイルが貯まるカードを取得=ANAマイレージクラブ入会

年会費の有無、発行手数料の有無、電子マネーEdy機能の有無、クレジット機能の有無など、色々な種類のカードがありますが、本気でマイレージを貯めるならANAワイドゴールドカード、またはANAダイナースカード

年会費は高いのですが、それだけの利点があります。

・カード入会時に2,000マイルもらえます(一般ANAカードは1,000マイル)

・毎年継続時に2,000マイルもらえます(一般ANAカードは1,000マイル)

・搭乗時にボーナスマイル 基本マイレージプラス25%のマイルがつきます(一般ANAカードはプラス10%)

・クレジットカードのポイントからマイルへの移行手数料が無料です(一般カードは2,100円)

・毎年、ANA特製の皮カバーつき特製スケジュール手帳とカレンダーが送られてきます。
(以前、もらった手帳をオークションに出品したら、2千円で落札されました。今後も毎年もらえるのかどうかはわかりませんが。)


■ ANAワイドゴールドカード 年会費15,750円(家族会員4,200円)
年齢制限や安定した収入などの入会基準があります。

ANAビザカード・マスター

ANAJCBカード


■ ANAダイナースカード 年会費22,050円(家族会員6,300円)
年齢33歳以上、勤続10年以上の役職または自営10年以上、持ち家などの入会基準があります。

ANAダイナースカード

国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」 

ゴルフ場予約サイト「楽天GORA」

格安航空券→空旅.com

本・CD・DVDの購入はポイントの貯まる楽天ブックス

楽天カード入会でもれなく2000ptプレゼント



『選べる外貨』誕生!



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。